読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sabatonのブログ

Sabaton好きですので

Loud Park 2016

行ってきましたラウパッパ

楽しかった!
去年は
Hammerfall!Gamma Ray!!SabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabatonSabaton!!Helloween!SabatonSabaton!!

って感じでほぼ同じステージに張り付きでしたが、今年は大人だからクールに色々見て回りました。

1日目

前日夜に眠れず、暇だしこれ以上はベッドにいても意味無いと判断しほぼ徹夜状態で会場へと向かう。

日本で作ってる分は全て事前に公開するスタイルはとても助かるのでありがたい。
何だかんだでラウパ規模だから出来るんだろうなと思う。
Victorさんは最近単独公演でも物販は事前に公開してるので他のレコ社も見習って欲しいものです。
そんなこんなで物販も無事買えて、無事入場。

今年はMyrathを本気出すと決めていたから迷わずBig Rockの最前をとる(既に横にはチルボドおばさんが)

いよいよ1組目のI Promised Once
あんまり好きなタイプの音楽ではないため評価は割愛。
ベースの人が笑顔で弾いてて好き。
Voは筋肉をつけた方がいい。

Myrath待機のためその場を動かない私。

そして個人的に少し注目のZardonic
開幕早々Metal Hertから始まったからテンションあがるが、その後は少しヘビーなEDMが続き、どう乗っていいかわからずにただ縦にプルプルしてました。 どうやら皆さん同じようで、曲の合間合間に歓声はあがるが、盛り上がってるとは言え無い状態。
まあそりゃそうだわなとしか思えませんが。
Rammsteinのふぁいやー!ふらい! べいん!!べいん!!できたのは楽しかった。

そしていよいよお待ちかねMyrath
アルバム通りJasminから始まり、なんと日本人と思われるエロいダンサーが!
初見の人や、次のアーティストのために何も知らず待ってた人には相当インパクト与えたと思う。
ステージをよく動き回るザヘル氏は煽りも上手くできていてステージングはとてもかっこよかった!
Beyond The Starsのギターソロ終わりにマレク氏のギターが不安定になるが、それ以外の大きなトラブルは何もなく、35分という短い時間を全力で熱演していた。
セットリストは極めて予想通りだったが、初期の曲を一切やらないのは正解だったと思う(俺音源持ってないし)

はーMyrath良かったー!なんて感傷に浸る間も無くキングダムステージへ移る

Myrathと同じ時間に開演という謎の丸被りされたCain's Offering

最後の2曲だけ聞けました。
前回の来日時より一層髭を蓄えたヤニ。
似合ってないぞ!


そして友人イチオシのCandlemassへと走る

こちらも後半数曲聞けました。
愛するスウェーデンの伝説的なバンドってだけで好感度マックスですよええ。
ドゥームメタルではあるが、メロディーがキャッチーなので重苦しさや陰鬱な雰囲気はさほど無く、年季の入ったメンバーのパフォーマンスと相まってかなりカッコいい。


そしてRageへ・・・と向かう予定だったがMyrathのサイン会が入ったため結局RageもMasterplanも見れずに終わる。

テキトーに飯食べてDanger Dangerへと

メンバーみんなロックンロールなパフォーマンスで、特にテッドの笑顔で動き回るパフォーマンスは正にグラムメタル!
30年近く活動してるバンドとは到底思えない華やかさ。
途中、ロブがずっとチューニングのような事をして曲が中々始められない等のトラブルはあったが無事Rock Americaを聞けたためキングダムステージを後にする。

本当は のーりのーりぃ!や べーいんべいん!も聞きたかったが、どうやらアリーナで開催されているらしい運動会が気になりBig Rockに向かう

Exodus

楽しい楽しい運動会が開催されていました。
最後の曲ではゼトロが煽りに煽った結果、Big Rock側のアリーナ全域を使ったU字型のサークルが発生(もはやサークルではない)
観客見るのも楽しいスラッシュメタル
ゲイリーさんがいないのは残念だったけど聴きたい曲も聴けたので満足としよう!

そして休憩タイムとしてBig Rock側の自由席から移動せずShinedownを聞きつつSNSへと興じ、頃合いを見てキングダムステージへと向かう。

看板シンガーであるジェフが抜けてしまったが、正直彼の新バンド名はいつまでそれ引きずってんのって感じだし色々なストーリーを聞く限り良い人とはほぼ遠そうなので、バンド的には抜けて良かったと思う。

そして新Voの初お披露目タイム!
ビックリするほどジェフテイト!!!
オラオラ系オカマみたいなジェフと違ってちゃんとロン毛だ!!
トレンチコートが決まっててめっちゃかっけえ!!
とテンション上がったが、
当初の予定通り2曲目のオペマイまで聴いて退散。
本当はEmpireの曲も聞きたかったが、何度も機会があったのに見れてこなかったChildren Of Bodomを見るために再びBig Rockへ

ぶっちゃけ直近2作は買ってないし買う気も無いため、セットリストがわかるかどうかの不安はあったが、
何と一曲目から大好きなSN,BN!!
まて、落ち着くんだ、出鼻をくじかれただけだ、次からは聞いた事無い曲が、ガガガガ ガガガガ ガッガ ガガガガ ガッガガガガ

In your faceキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 

もうテンション爆上がりですよ!!!
しかもその後は今までライブではあまり披露されてなかったTrashed~が!! (今年から始めたらしい。冷やし中華か)

その後聞いた事無い曲が幾つか演奏されたが予想外の最高なセットリストのため、ブラガのために抜けるタイミングを失ってしまう。

途中MCを挟んだ所で泣く泣く退散し、キングダムステージへと向かう。


そしてキングダムステージへ到着すると、なんとImagination~のジャケットがバックドロップとして掲げられているではないか!!
正直、ブラガは代表曲しか好きになれないのだが、このアルバムだけは何故か大半の曲が好きなのだ!

Blind Gurdian

そして期待通りアルバム再現のためタイトルトラックから始まる。

あまりブラガが好きじゃなかった頃にI'm Aliveを聞いて、カッコよさに驚いてブラガに対する苦手意識がなくなって以来、自分の中でI'm Aliveは一番好きな曲であり絶対なのだ。
しかし普段演奏する曲ではないため、前回の来日はスルーした。

そんな経緯もあってか今回生で聴けて、皆で合唱してる内に声が出なくなり、気付くとボロボロ涙を流していた。

ライブで初めて泣いた。

アルバム再現+ミラーミラーのみというセットリストであったが満足度は非常に高かった。


チルボド、ブラガと思いがけ無いサプライズが続き大変疲れたためスコピは自由席で鑑賞する事に


はい。代表曲ちょっとしか知りません。
そのため正しい評価はできないが、70近いおじいちゃん二人がなんともパワフルなパフォーマンスを見せていて凄かった。
特にマイネさんのツヤのある声は申し分ないほど美しく、歌も素晴らしかった。

とても大きなステージセットや、スコピのためだけにアリーナを削って作ったセンターステージを駆使して行うパフォーマンスはとても結成50年とは思えない現役感に溢れていた。

ライブパフォーマンスとは関係ないかもしれないが、マイネさんが途中で何度も投げるドラムスティックを必ず最前列の人に投げていたのがとても好印象だった。
(一概には言えないが)トリであるバンドを最前列で見ている人は、早い時間からアリーナに降りて待っていたダイハードなファンである事が多いからである。
「俺たちのために来てくれたファンのために」という思いがマイネさんにあったかどうかはわからないが、少なくとも自分はそう感じた。

ウリが出てきたり、荒城の月を歌ったりと何かと特別な演出があってとても良かった。

彼らのロックンロールショーは何者をも寄せ付けない完璧なものであった。


そんなこんなで徹夜状態もあってか1日目は非常に疲れました。
そしてとても楽しかったです。

二日目はいつか書きます。
いつかね。